» 未分類のブログ記事

高齢と病気

| 未分類 |

野菜05
一定の走行距離あたりの交通事故や違反を起こすリスクが高いとされているのが70歳以上のドライバーです。
この原因としてあげられるのが加齢です。
自動車の運転に必要とされるのは、まずアクセル・ブレーキとハンドルなど複数の作業を同時にこなす思考力や集中力、対向車線から来る自動車の距離や速度を判断する視力や聴力、突発的な事態に落ち着いて対応できる判断力などです。
こうした能力は加齢によって次第に衰えていくものとして知られています。
ただし、その衰えは緩やかなものですので、自分で意識を心掛けることで事故を回避することは可能といえます。
しかし、もう一つ自動車運転で交通事故や違反を招く要因となるのが病気です。
高齢になると運転に支障をきたす病気を患うことが多くなります。
例えば、認知機能の低下です。本人が気づかない間にすすむ認知症では、判断力や集中力がおろそかになってしまいます。そのため、視野に入ってくる物に対して反応が遅れたり、混雑した道路で混乱を起こすこともあるのです。
また気づかずに症状がすすむものとしては、緑内障などの目の疾患があります。本人は見えているつもりでも視野の一部が欠けている状態であることが多いため事故を招きやすくなるのです。

過労運転を避ける方法

| 未分類 |

野菜06
運転を仕事にしている人、バスの運転手や長距離トラックのドライバーにとって、最も気をつけないといけないのは、過労運転です。
過労の状態で運転をしますと、悲惨な事故につながりかねません。
それを防ぐために真っ先にやってほしいことといえば、休憩をしっかりとるということです。
長距離ドライバーの方などは、自分の意思で休みを取ることができます。
高速道路のサービスエリアやパーキングエリアなどに到着したら、仮眠でも構いませんので、睡眠を取っておくといいでしょう。
これだけでも大分違います。
しかしこれでは、根本的な解決方法とはなりません。
根本的な解決方法を打ち出せるのは、事業者だけなのです。
長距離バスの運転手であれば、運転手を2人体制にしておくなど、ゆとりのある運転計画を立案しておくことが重要といえます。
最近の夜行バスでは、ある程度の時間と距離以上になると、2人乗務を義務付けている法律ができております。
そして、長距離トラックのドライバーさんなども、できるだけ無理な計画で配送をしないようにしましょう。
ルートは無駄のないようにして、ある程度立案してもらうことが大切です。
そうしないと、結果として悲惨な事故になってしまうのですから。

運転中の疲労は目から

| 未分類 |

野菜と女性
自動車の運転中に疲労感を感じた場合は、すぐに休憩をしましょう。長時間の運転になる場合は、定期的に休憩を挟み、リフレッシュしましょう。また、休憩とは車内で休むばかりではなく、外でストレッチをするなどして、身体全体をほぐしてあげると良いでしょう。運転中にまず負担がきてしまうのは、目です。運転中、長時間神経を集中させているので、気付かない間に疲れてしまっているのです。疲れてしまうとどういう症状が出るのかと言いますと、判断能力、集中力、洞察力が鈍ってしまいます。例えば、道路標識や信号機を見過ごしてしまい、一時停止などを忘れてしまうという事があります。他にも、右左折する際に、歩行者に気付かず巻き込んでしまうなど、事故に発展しやすい状態だと言えます。目が疲れたからと言って、擦ったりしてしまうと、その間に集中力が途切れてしまいますので、注意しましょう。また、エアコンの風向が顔に当たっていると、乾燥して疲れやすくなるので、注意が必要です。なので、休憩が大切なのですが、休憩中に何をすれば良いのかと言いますと、仮眠を取る事や、外に出て深呼吸をすると良いでしょう。何かを飲んだり食べたりするだけでもリフレッシュ出来ます。この様に、事故に繋がる可能性もありますので、充分な休憩を取り、注意しましよう。

飲酒が及ぼす影響

| 未分類 |

卵
飲酒運転は法律違反になるということは、周知の事実です。
決して最近できた法律でないにもかかわらず、依然として酒を飲んだ状態での運転が減らないというのは、運転をしている人の過信があります。
自分はお酒を飲んだとしてもまともな運転が出来る、そんな心の隙があります。
しかし実際は、お酒を飲むと、認知能力、判断能力、そして操作能力が大きく低下します。
まずは認知能力ですが、これは路上に歩行者を発見したり、あるいは信号が赤であることを見つけたり、あるいはスピードメーターのスピードを確認する行為のことをいいます。
お酒を飲んでいると、このあたりがあいまいになります。
次に判断能力です。
仮に歩行者が飛び出してきた場合、お酒を飲んでいない状態であれば、すぐにハンドルを切る、あるいは急ブレーキを踏むなどの判断をすることが出来ます。
しかし、お酒を飲んでいると、この能力も低下してしまうのです。
そして操作能力。
認知をして判断をしたとしても、それを実際に行動に移す時間が遅かったり、あるいは操作が不十分だったりするといけません。
前者の場合ですと、飛び出した歩行者をはねてしまいますし、後者の場合にはカーブを曲がりきれずに衝突なんてこともあります。

料理01
人間が身体を動かす時、脳からの指令が筋肉へ届き、筋肉が動くまでわずかな遅れが生じます。
普段の生活では全く支障の無い遅れなのですが、自動車の運転では支障を来す場合もあります。
自動車の運転の基本で認知して判断し、操作するというものがあります。
例えば、道路上に障害物があったとして、それをまずは認識します。
そしてどちらに避けるかを判断して、実際に回避行動を取ります。
ここで遅れは様々なところにでてきます。
まずは障害物発見の遅れです。
そして、どちらにハンドを切るかを決定する時の遅れと操作に移すまでの遅れです。
この3つの遅れの影響によって障害物を避けきれなかったり衝突をしてしまう可能性があるのです。
人間が取れる回避行動の速さには限界があります。
そのため、一番に自動車を運転する人が努めなければならないのが、障害物の発見をいち早く行うということです。
障害物だけに限らず、危険予測全般に言えることですが、これが早くできれば、回避行動で少々の遅れが発生しても対応することができます。
逆に回避行動がどれだけ早くできても、障害物の発見や危険予測ができていないと事故を起こす可能性はかなり高まります。
このため、自動車の運転はしっかりと危険予測をしながら行いましょう。

動体視力と運転

| 未分類 |

料理02
自動車は便利な乗り物ですが、運転していると誰でもが事故を起こす可能性を持っています。そのため、運転をする人は常日頃から安全運転を心掛けることが大切です。
安全に自動車を運転していくために必要なものは様々ですが、その一つが視機能です。視機能とは視る機能のことで、この機能が低下すれば、それだけ運転の危険が増加していくのです。
視機能の代表的なものとしては、視力があります。
免許を取る時、更新する時に必ず測るものですが、その際に必要なのは両目で0.7、片目で0.3以上となっています。裸眼でこの視力以下の場合は、眼鏡やコンタクトで矯正する必要があります。
また左右の視力がバラバラでも基準を超えていれば運転をしても酔いのですが、遠近感覚を掴むためにも出来るだけ左右の視力は揃えた方がよいでしょう。
また視力には止まっている状態を見る静止視力と、動く状態を見る動体視力があります。
自動車は常に動いているものですので、自動車の運転で重要になってくるのは後者の視力です。
後者の視力が低下してしまうと、距離感覚がつかめなくなり、事故を起こしやすくなってしまいます。
この視力は速度が速くなればなるほど低下するので、スピードを出し過ぎないように気を付けることが大切です。
また体調によっても変化するので、体調が悪い時の運転は避けるようにしましょう。

明順応と暗順応

| 未分類 |

料理03

自動車を運転している最中、暗いトンネルに入った瞬間ほとんど見えなくなったり、トンネルから出た瞬間眩しくて目が開けづらいといった経験をした事がある方もいると思います。これは人間が持つ二つの機能によって引き起こされるものなのでどのようなものかを解説いたします。

人間が暗い場所から明るい場所へ出たときなど徐々に慣れていく事を明順応と言います。これは目の錐体が司る部分で、光の強さに応じて錐体の感度を調節する事で、眩しさを調節しています。錐体はあくまで明るさに反応する部分なので、暗いところにいったからといってその感度が高くなるという事はありません。

暗順応は明るい場所から暗い場所へ行ったときに起こるもので、目が暗闇に慣れていないという状況を指します。錐体は光に対しての感度はもちますが、暗闇に対しては機能しません。こういった状況になった場合は錐体でなく、かん体という部分が機能します。かん体は光に対する感度が高く、わずかな光でも捉えることができます。しかし、かん体は急激な変化に弱く、突然暗闇に入ったりしたときなどしばらく時間がかかるのです。

錐体は暗闇でも機能しますので、突然明るい場所にでたからといって見えない事はありませんが、かん体も同時に機能していると眩しすぎる事になり、かん体は機能するまで時間がかかるという点が特徴となります。これらを把握した上で明るさが大きく変わる場所での運転は気をつけるようにする必要があります。

料理04
車を運転する際、反応時間というものを聞いたことはありませんか。危ない、とドライバーが認識してからブレーキを踏むまでの間の時間の事です。これは危険を感じ、ブレ-キをかける必要があると判断して、足が運動を始めるまでの時間である反射時間、アクセルからブレーキペダルへ足を踏み替える踏み替え時間、ブレーキを踏み効き始めるまでの時間である踏み込み時間を足したものになり、だいたい1秒から2秒ほど掛かると言われています。
仮に、時速60キロで走行中だと1秒で約16、7メートル進み、完全に車が停まるまでの制動距離は30から40メートルほどになるといいます。また、動くものを見る力である動体視力は通常の視力より3割ほど落ちるため、スピードが出ているほど危険に気がつくのに遅れがちになります。さらに最近は高齢の方で運転している方も増えていますが、反応が遅れてしまう為さらに制動距離は長くなると言います。
車を運転するときはこの事も頭にいれ、車間距離を充分に取るようにしましょう。特に雨で濡れている路面や凍結路面ではスリップも起きやすくなり、更に距離が伸びてしまいます。悪天候だと見通しも悪くなるので、安全運転で行きたいですね。

認知、判断、操作

| 未分類 |

料理05
車を安全に運転することが必要なことは誰しもお分かりのことでしょう。しかしどのように安全運転をしていけば良いのかということが、なかなかわかりにくかったりするものです。その様な時には、自分自身がどのように考えられているのかということを分析してみると、今後の見通しが立ったりするものです。

 
私たちの行動は基本的に流れが決まってきます。まずは目や耳によって周りの情報を収集する認知をする事になります。それに基づいて頭の脳でそれらのことや、その後をどのようにしたら良いのかということを判断するのです。それが決まりましたら、実際に行動に出る、というような流れになっています。これは私たちの全ての行動に当てはまることとなっており、車の運転に関しましてもこれがそのまま当てはまるのです。車の運転では、一連の行動の最後に当たる行動という部分が、操作という言葉に置き換えられることもあります。

 
ところが、車の運転中のこのようなサイクルと、日常生活の中でのこのようなサイクルには決定的な違いがあるのです。それは、車の運転中には時間の制約がかかるということになります。このサイクルが目的の場所までに間に合わなければ、交通事故に発展する恐れが十分にあるということをドライバーは忘れてはいけません。

 
ガリバーの評判はこちら