飲酒が及ぼす影響

| 未分類 |

卵
飲酒運転は法律違反になるということは、周知の事実です。
決して最近できた法律でないにもかかわらず、依然として酒を飲んだ状態での運転が減らないというのは、運転をしている人の過信があります。
自分はお酒を飲んだとしてもまともな運転が出来る、そんな心の隙があります。
しかし実際は、お酒を飲むと、認知能力、判断能力、そして操作能力が大きく低下します。
まずは認知能力ですが、これは路上に歩行者を発見したり、あるいは信号が赤であることを見つけたり、あるいはスピードメーターのスピードを確認する行為のことをいいます。
お酒を飲んでいると、このあたりがあいまいになります。
次に判断能力です。
仮に歩行者が飛び出してきた場合、お酒を飲んでいない状態であれば、すぐにハンドルを切る、あるいは急ブレーキを踏むなどの判断をすることが出来ます。
しかし、お酒を飲んでいると、この能力も低下してしまうのです。
そして操作能力。
認知をして判断をしたとしても、それを実際に行動に移す時間が遅かったり、あるいは操作が不十分だったりするといけません。
前者の場合ですと、飛び出した歩行者をはねてしまいますし、後者の場合にはカーブを曲がりきれずに衝突なんてこともあります。