過労運転を避ける方法

| 未分類 |

野菜06
運転を仕事にしている人、バスの運転手や長距離トラックのドライバーにとって、最も気をつけないといけないのは、過労運転です。
過労の状態で運転をしますと、悲惨な事故につながりかねません。
それを防ぐために真っ先にやってほしいことといえば、休憩をしっかりとるということです。
長距離ドライバーの方などは、自分の意思で休みを取ることができます。
高速道路のサービスエリアやパーキングエリアなどに到着したら、仮眠でも構いませんので、睡眠を取っておくといいでしょう。
これだけでも大分違います。
しかしこれでは、根本的な解決方法とはなりません。
根本的な解決方法を打ち出せるのは、事業者だけなのです。
長距離バスの運転手であれば、運転手を2人体制にしておくなど、ゆとりのある運転計画を立案しておくことが重要といえます。
最近の夜行バスでは、ある程度の時間と距離以上になると、2人乗務を義務付けている法律ができております。
そして、長距離トラックのドライバーさんなども、できるだけ無理な計画で配送をしないようにしましょう。
ルートは無駄のないようにして、ある程度立案してもらうことが大切です。
そうしないと、結果として悲惨な事故になってしまうのですから。