明順応と暗順応

| 未分類 |

料理03

自動車を運転している最中、暗いトンネルに入った瞬間ほとんど見えなくなったり、トンネルから出た瞬間眩しくて目が開けづらいといった経験をした事がある方もいると思います。これは人間が持つ二つの機能によって引き起こされるものなのでどのようなものかを解説いたします。

人間が暗い場所から明るい場所へ出たときなど徐々に慣れていく事を明順応と言います。これは目の錐体が司る部分で、光の強さに応じて錐体の感度を調節する事で、眩しさを調節しています。錐体はあくまで明るさに反応する部分なので、暗いところにいったからといってその感度が高くなるという事はありません。

暗順応は明るい場所から暗い場所へ行ったときに起こるもので、目が暗闇に慣れていないという状況を指します。錐体は光に対しての感度はもちますが、暗闇に対しては機能しません。こういった状況になった場合は錐体でなく、かん体という部分が機能します。かん体は光に対する感度が高く、わずかな光でも捉えることができます。しかし、かん体は急激な変化に弱く、突然暗闇に入ったりしたときなどしばらく時間がかかるのです。

錐体は暗闇でも機能しますので、突然明るい場所にでたからといって見えない事はありませんが、かん体も同時に機能していると眩しすぎる事になり、かん体は機能するまで時間がかかるという点が特徴となります。これらを把握した上で明るさが大きく変わる場所での運転は気をつけるようにする必要があります。