運転中の疲労は目から

| 未分類 |

野菜と女性
自動車の運転中に疲労感を感じた場合は、すぐに休憩をしましょう。長時間の運転になる場合は、定期的に休憩を挟み、リフレッシュしましょう。また、休憩とは車内で休むばかりではなく、外でストレッチをするなどして、身体全体をほぐしてあげると良いでしょう。運転中にまず負担がきてしまうのは、目です。運転中、長時間神経を集中させているので、気付かない間に疲れてしまっているのです。疲れてしまうとどういう症状が出るのかと言いますと、判断能力、集中力、洞察力が鈍ってしまいます。例えば、道路標識や信号機を見過ごしてしまい、一時停止などを忘れてしまうという事があります。他にも、右左折する際に、歩行者に気付かず巻き込んでしまうなど、事故に発展しやすい状態だと言えます。目が疲れたからと言って、擦ったりしてしまうと、その間に集中力が途切れてしまいますので、注意しましょう。また、エアコンの風向が顔に当たっていると、乾燥して疲れやすくなるので、注意が必要です。なので、休憩が大切なのですが、休憩中に何をすれば良いのかと言いますと、仮眠を取る事や、外に出て深呼吸をすると良いでしょう。何かを飲んだり食べたりするだけでもリフレッシュ出来ます。この様に、事故に繋がる可能性もありますので、充分な休憩を取り、注意しましよう。