認知、判断、操作

| 未分類 |

料理05
車を安全に運転することが必要なことは誰しもお分かりのことでしょう。しかしどのように安全運転をしていけば良いのかということが、なかなかわかりにくかったりするものです。その様な時には、自分自身がどのように考えられているのかということを分析してみると、今後の見通しが立ったりするものです。

 
私たちの行動は基本的に流れが決まってきます。まずは目や耳によって周りの情報を収集する認知をする事になります。それに基づいて頭の脳でそれらのことや、その後をどのようにしたら良いのかということを判断するのです。それが決まりましたら、実際に行動に出る、というような流れになっています。これは私たちの全ての行動に当てはまることとなっており、車の運転に関しましてもこれがそのまま当てはまるのです。車の運転では、一連の行動の最後に当たる行動という部分が、操作という言葉に置き換えられることもあります。

 
ところが、車の運転中のこのようなサイクルと、日常生活の中でのこのようなサイクルには決定的な違いがあるのです。それは、車の運転中には時間の制約がかかるということになります。このサイクルが目的の場所までに間に合わなければ、交通事故に発展する恐れが十分にあるということをドライバーは忘れてはいけません。

 
ガリバーの評判はこちら